⚠️ 記事内に広告を含みます

【AI×副業】塗り絵作成でkindle出版。無料かつ超時短Canva×StableDiffusion。

副業お探し中のみなさん、こんにちわ。

今回は、AIを使って塗り絵を作成する副業方法を紹介します。

初心者
初心者

塗り絵なら、私でもできるかもしれない。

ワヲン
ワヲン

誰でも簡単にできますよ。

文章もいりません。

AIに絵を作成してもらうだけです。

では早速、作り方を解説していきます。

この記事の内容

AIを使った塗り絵作成

・Canva×StableDiffusionの使い方

・無料で超時短でAIを使うコツ

・kindle出版の手順

この記事を書いた人

40代から「好きを仕事に」フリーランスとして独立

ブロガー×クリエイター

最近は”AI×英語”をテーマに、英語、AI、動画編集を毎日勉強しています。

ワヲン

1. 塗り絵作成の手順

まずは、塗り絵作成の手順を簡単に説明します。

塗り絵作成の手順

①塗り絵の構成を考える

②AI(今回はStableDiffusion)で塗り絵を作成

③Canvaで調整

④kindleで出版

今回は、英語教材にもなる「A,B,C…」の塗り絵を作成してみようと思います。

構成は、表紙、A,B,C,…の塗り絵です。

例えば、A(Apple:りんご)、B(Bus:バス)、C(Cat:ねこ)のように決めていきます。

今回は簡単な塗り絵ですが、色々なアイデアを付けたして、唯一無二の塗り絵を作成しましょう。

構成が決まったら、塗り絵をAIで作成していきます。

2. Canva×StableDiffusionで塗り絵作成

①AI(StableDiffusion)で塗り絵作成

絵を描いてくれるAIには、色んな種類があります。

私が使っている画像生成AIは、次の通りです。

・Midjourney

・AdobeFirefly

・Mage(StableDiffusion)

・CanvaAI

おすすめは、AdobeFireflyMage(StableDiffusion)です。

理由は、無料で商用利用かつ高品質の絵ができるところ。

今回は、AIの詳しい説明は省きますが、

どちらも試して、結果の良かったMage(StableDiffusion)で解説していこうと思います。

使い方はプロンプトを入れるだけと簡単ですが、こちらの記事では詳しく解説していますので参考にしてください。

【AI×副業】LINEスタンプ作成から販売まで5分解説。商用利用可能のAIも紹介。

まず、最初にA(Apple:りんご)です。

プロンプトは以下の通り

Illustration for children’s coloring book. Cute apple. Draw only one big apple. Bold lines. Few details, simple. No color, only lines.(子供の塗り絵のためのイラスト。かわいいリンゴ。大きなリンゴをひとつだけ描く。太い線。細部はほとんど描かず、シンプルに。色は使わず、線だけ)

プロンプトは色々試すともっといいものができると思うので、ぜひ試行錯誤してください。

できた作品がこちら。

次にB(Bus:バス)を書きます。

プロンプトは、さきほどのプロンプトの「リンゴ」を「バス」に変えるだけでOK

できた作品がこちら。

次に、C(Cat:ねこ)です。

同様に、さきほどのプロンプトの「リンゴ」を「ねこ」に変えます。

できた作品がこちら。(これはわざと色をつけています)

もし、「いい作品ができたけど、背景や色がついている」といった場合でも、安心してください。

Canvaで、あっという間に編集できちゃいます。

②Canvaで塗り絵を調整・編集

Canvaの使い方も簡単ですが、詳細はこちらの記事で確認してください。

※Canvaも無料で使えます。

【AI×副業】LINEスタンプ作成から販売まで5分解説。商用利用可能のAIも紹介。

まず最初にデータをアップロードします。

そして「 写真を編集 ⇒ 背景リムーバ 」背景を除去します。

もしうまく消せない場合は、「 写真を編集 ⇒ Magic Eraser 」を選択します。

ここでは、ブラシサイズを設定し、手動で消したい箇所を塗りつぶしていきます。

初めに大きなブラシで全体を消し、その後バスとの境界線を最小のブラシサイズの順にやると、意外と簡単に終わります。

境界線は、元の画像を拡大するとなおやりやすいです。

使いたい絵が色付きだった場合を説明します。

まずは同様に背景除去を行います。

次に、調整をクリックします。

「ホワイト⇒100」

「彩度⇒-100」にすると、

下のような絵になります。

他にも詳細な設定があるので、試してみてください。

私はこの後、手動で横のお花も削除しました。

次に塗り絵の体裁を整えます

英語の勉強をできるように、A ⇒ Apple などの単語を入力しました。

Canvaは元々素材が豊富なので、Canvaの素材を付けたすのもいいですね。

最後に表紙も作ります。

「デザイン⇒検索(ぬりえの表紙)」と入力します。

 ※本の表紙でもOKです。

気に入ったデザインを選択し、文字など体裁を整えます。

出来上がった作品がこちら。

3. 塗り絵をkindle出版する手順

kindle出版の簡単な手順です。

kindle出版の手順

①アカウントの作成

②著者・出版社情報の登録

③支払いの受け取り方法の登録

④税に関する情報を登録

⑤電子書籍データの登録

ここでは、簡単な流れを解説します。

① アカウントの作成

Kindle ダイレクト・パブリッシング(KDP)で新しくアカウントを作成します。

Googleアカウントがあれば、すぐにログイン可能です。

②~④ 著者・出版社・支払いの受け取り・税等の情報を登録

ログイン後の画面で、「アカウント情報が不完全です」と表示されますので、

「今すぐ更新」から順に登録していきます。

⑤ 電子書籍データの登録

kindle出版する本のデータは大きく2つに分かれます。

①表紙・裏表紙など

②本文

それぞれサイズ制限や推奨サイズがあります。

※詳しくはKDPヘルプページをご覧ください。

初心者
初心者

段々面倒になってきたわ…。

ワヲン
ワヲン

そこでおすすめするのが、

『Kindle Comic Creator』です

『Kindle Comic Creator』を使えば、色んなややこしい設定を調べなくても、

順に入力するだけで、出版する塗り絵の登録データを作成することができます。

合わせて『Kindle Previewer』をダウンロードしておけば、完成時のプレビュー表示ができます。

ダウンロードページ『Kindle Comic Creator』

ダウンロードページKindle Previewer』

今回は簡単な手順を紹介しましたが、需要があれば今後kindle出版についても記事を追加していこうと思います。

4. 無料かつ超時短で売れる塗り絵作成のコツ

無料で簡単に塗り絵を作成しても、売れなきゃ意味がないですよね。

私もボランティアは別として、マネタイズできない作業は苦痛です(笑)

そこで、どういった塗り絵を作ればいいのか。

こういったアイデア出しを得意とするのがChatGPTです。

※ChatGPTも無料で使えます。

こんなプロンプトで聞いてみました。

ざっくりとしたプロンプトですが、これだけでも色々なアイデアを出してくれます。

ここから、市場のニーズを調べることで、

「大人向け」か「子供向け」か。

「学習教材」か「趣味」か。

「定番」か「ニッチ」か。

など、絞り込んでプロンプトを決めていきましょう。

今回はkindle出版という流れで紹介しましたが、

塗り絵を無料でダウンロードできるWebサイト(ブログ)を作ってもいいですよね。

この場合は、クレヨンや絵の具などの画材やGoogleアドセンスなどの広告でマネタイズすることができます。

では、今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

これからも、AI系やChatGPTの記事をどんどん増やしていこうと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

それではみなさん楽しいAI副業ライフを~✨

【関連】絵本を作る方法はこちら👇

【AI×副業】絵本作成はChatGPT×StableDiffusionがおすすめ。作り方と注意点を5分で解説。 画像生成AIで同じキャラクターを作成する方法。Mage.space(StableDiffusion)【絵本作成】